2024年7月10日

2024年6月 首都圏の中古一戸建て平均価格は前月比+4.0%の3,928万円 東京23区・都下ともに上昇

近畿圏は-1.2%の2,835万円と反転下落、中部圏は+1.2%の2,518万円と反転上昇

詳細PDFはこちら
kodatecyuko202406.pdf

●首都圏
6月の首都圏中古一戸建て住宅価格は、前月比+4.0%の3,928万円と反転上昇した。都県別では東京都が+7.9%の6,190万円と反転上昇し、前年同月比もプラスへ転じた。築年数が-0.9年と若返った。神奈川県は+1.9%の4,183万円と連続で上昇。前年同月比で見ても-4.2%から-0.7%と水準が高まっている。千葉県は+3.1%の2,834万円と反転上昇。埼玉県は-3.1%の2,704万円と連続の下落となった。6月は埼玉県のみ下落。主に東京都が上昇に転じたことで、首都圏全体がプラスに転じた。

●近畿圏
近畿圏(2府4県)の平均価格は、前月比で-1.2%の2,835万円と反転下落した。主要府県では、大阪府が-5.9%の3,069万円と3ヵ月連続上昇から下落に転じた。平均土地面積は拡大したが、築年数が進んだ。兵庫県は+2.4%の2,732万円と反転上昇。前年同月比もプラスに転じた。京都府は-1.5%の3,750万円と反転下落したが、前年同月比は依然高い水準である。

●愛知県
愛知県は+2.9%の3,080万円と上昇に転じた。中部圏(4県)全体では+1.2%の2,518万円と、こちらも反転上昇している。前年同月比で見ても、平均土地・建物面積が拡大し、価格はプラスに転じた。

●宮城県・福岡県
宮城県の平均価格は-0.8%の2,544万円と3ヵ月連続で下落した。前年同月比は、築年数に若返りが見られるものの価格がマイナスに振れた。
福岡県は-2.4%の2,469万円と反転下落した。前年同月比は依然として高水準。

標準中古表202406.png

詳細PDFはこちら
kodatecyuko202406.pdf

データについては無断で転載、利用することを禁じます。

最新記事を表示

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、 市況レポートについてご質問、ご意見がございましたら、 お気軽にお問い合わせ下さい。

金融営業部(東京) 03-3442-0112

大阪支店 06-6281-2700

名古屋支店 052-968-1370

福岡支店 092-262-5900

東北支店 022-796-6212

03-3442-1123

03-5719-3356

03-5719-3355

03-3442-1123

03-3442-0113

営業時間:
月~金 9:00~17:30※土、日、祝日、年末年始定休となります。

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、 お気軽にお問い合わせ下さい。

鑑定評価・建築調査 03-3442-1123

土壌汚染調査 03-5719-3356

営業時間:
月~金 9:00~17:30※土、日、祝日、年末年始定休となります。