選ばれる理由

創業以来、東京カンテイは、不動産業・金融機関の各業界に対し、常に中立性と客観性を担保したサービスを提供しています。そんな東京カンテイが選ばれるには理由があります。

1. 歴史が物語るお客様の信頼

東京カンテイは、1979年の創業から不動産情報サービスを提供しています。長きに渡りこの事業を継続していられるのは、多くのお客様からの信頼の証しであると自負しています。サービスの形態は創業当初のファックスサービスから、インターネットサービスへ大きく様変わりしてきました。しかし、常に不動産の適正な価格を提示するという企業姿勢は一貫しています。それこそがお客様に信頼を寄せていただいている理由だと考えています。

2. 国内最大規模の不動産データベースを保有

東京カンテイは、創業以来長い時間をかけて、国内最大規模の不動産データベースを構築してきました。それは、お客様に提供できるデータ量が豊富であることはもちろん、様々に解析して独自のシステムなどを開発するバックボーンになっています。

3. 大都市圏・地方圏を含めた全国から不動産情報を収集

不動産流通量が多い大都市圏における情報収集は、実はそれほど難しい事ではありません。情報が少ない地方圏の情報収集こそが大変なのです。東京カンテイは全国に配備した多岐に亘るデータソースから、地方圏を含めた全国の不動産情報を収集しています。数が少ない地方圏の情報が、お客様にとってはとても貴重であることを理解しています。

4. 人手を惜しまない現地調査やデータ整備

東京カンテイでは、データを集めて終わりと言う訳では有りません。それらを入力する専門スタッフは、マンションを一棟毎の情報に集約したり、一部屋単位のより詳細な情報として登録します。また調査専門の部署では、現地調査を行い全国のマンションの評価を数値化しています。東京カンテイでは、このような人手を惜しまないデータ整備が非常に重要だと考えています。

5. 適正価格を見極めるための多面的な情報を提供

昨今はネット検索でも不動産の価格情報は簡単に入手できます。しかし、それが適正な価格かどうかの保証はありません。その価格情報を、時系列で見たり、近隣の売買と比較をしたりすることで初めて適正価格なのか分かるのです。東京カンテイが提供する情報サービスでは、適正な価格を把握出来る工夫を施しています。

6. 不動産鑑定の手法を忠実にプログラム化

東京カンテイは元々不動産鑑定会社として創業しました。その評価実務に基づいたノウハウと、膨大な売買データを活用して構築した不動産評価システムは、多くのお客様に支持されています。その評価手法は至ってシンプルに、不動産鑑定の手法を忠実にプログラム化したものです。このような評価手法は、金融機関の皆様には、金融庁検査の際などに説明しやすいと好評をいただいています。

7. お客様の業務シーンに即したシステム

東京カンテイの情報サービスは、ID数や導入するパソコンの数に制限がありません。IDをいくつ発行しても、何台のパソコンに導入しても月会費は変わりません。一例として、誰が操作しても基本的に評価額は変わらない不動産評価システムは、派遣社員の方々などをうまく活用し、ローコストのオペレーションを実現できます。このように、お客様の様々な体制に対応できることも、東京カンテイの強みです。

8. 会員企業の多さがもたらすデータベースの充実化

東京カンテイのサービスは、不動産会社、金融機関、公的機関、鑑定事務所など3,500社以上の会員企業様にご利用いただいています。そして会員企業様からは、不動産の事例や、新築マンションの分譲情報などが、東京カンテイに集約される仕組みを作っています。いわば、東京カンテイを介して多くの会員企業が不動産情報を共有化しているのです。つまり、会員企業の数が多いということがデータベースの充実化につながっているのです。

9. 専門家集団による不動産コンサルサービス

「困った時はまず東京カンテイに訊いてみる。」お客様にそう思っていただくことも東京カンテイの存在意義だと考えています。不動産を取り扱う中で、専門家の意見を訊いてみたい案件は少なくないはずです。そんな時、東京カンテイは不動産鑑定、建物診断、土壌汚染調査など各分野の専門家がお答えします。専門家集団による不動産コンサルサービス。これも東京カンテイが選ばれる理由の1つです。

10. 不動産を見つめ続ける目

創業以来、真摯に独自に不動産を見続けてきた結果、他にはない「不動産データバンク」であり「不動産専門家集団」となりました。
「不動産データサービス」「不動産コンサルサービス」、これらは様々な不動産取扱いの業務シーンでお役に立てると確信しております。さらに、これらを「ワンストップサービス」として、1企業内で全てお応え出来るのが東京カンテイの強みです。