2022年8月 9日

2022年7月 首都圏の新築一戸建て平均価格は前月比-0.6%の4,186万円 首都圏反転下落

近畿圏は+1.0%の3,435万円 中部圏は+1.5%の3,342万円 福岡県は-7.6%の
3,176万円 近畿圏は反転上昇

詳細PDFはこちら
kodatesintiku202207.pdf

●首都圏
7月の首都圏新築一戸建て住宅の平均価格は前月比-0.6%の4,186万円と反転下落した。都県別
に見ると東京都は-4.6%の4,966万円と3ヵ月連続下落した。神奈川県は-3.0%の4,592万円と
5ヵ月ぶりに反転下落。千葉県は+3.6%の3,589万円と3ヵ月ぶりに反転上昇した。埼玉県は
±0.0%の3,668万円と横ばいとなった。東京都と神奈川県が前月比下落となり、首都圏平均も
反転下落した。建築コストの上昇により価格上昇圧力かかる構造には変化がないものの、購入者の
購買能力が追いつかず、戸建て価格のコスト高分の転嫁は明らかに限界に来ている。

●近畿圏
近畿圏(2府4県)の価格は+1.0%の3,435万円と3ヵ月ぶりに反転上昇した。府県別では大阪府が
+5.2%の3,713万円と3ヵ月ぶりに反転上昇した。兵庫県は-0.4%の3,441万円と2ヵ月連続下落。
京都府は-3.2%の3,524万円と反転下落した。近畿圏は大阪府の上昇により、かろうじて平均値が
上がっている。

●愛知県
愛知県の平均価格は+2.0%の3,555万円と2ヵ月連続上昇した。前年同月比では+7.6%となった。
中部圏(4県)全体は+1.5%の3,342万円と4ヵ月連続上昇。前年同月比では+7.4%と1年前の価
格を上回る状況が続いている。

●宮城県・福岡県
宮城県は-13.1%の2,862万円と反転下落。前年同月比も-2.3%と下落した。
福岡県は-7.6%の3,176万円と2ヵ月連続下落した。前年同月比は-0.1%と僅かながら前年の価
格を下回った。

標準新築表202207.png

詳細PDFはこちら
kodatesintiku202207.pdf

データについては無断で転載、利用することを禁じます。

最新記事を表示

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、 市況レポートについてご質問、ご意見がございましたら、 お気軽にお問い合わせ下さい。

東京金融事業本部 03-5719-2312

大阪支店 06-6281-2700

名古屋支店 052-968-1370

福岡支店 092-262-5900

東北支店 022-796-6212

03-5719-1202

03-5719-3356

03-5719-3355

03-5719-6641

03-3442-0113

営業時間:
月~金 9:00~17:30※土、日、祝日、年末年始定休となります。

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、 お気軽にお問い合わせ下さい。

鑑定評価

03-5719-1202

土壌汚染調査

03-5719-3356

デューデリジェンス

03-5719-6641

営業時間: 月~金 9:00~17:30 ※土、日、祝日、年末年始定休となります。